ニキビの皮膚科での治療について

Dollarphotoclub_76398854

ニキビとは、皮膚の炎症性疾患のことをいいます。原因は皮脂や古い角質によって毛穴が詰まり、雑菌が毛穴の中で繁殖することによって炎症がおこる皮膚の病気です。

進行すると毛穴が破れて炎症が広がってしまいます。このようになった場合には皮膚が深く傷ついてしまうため跡に残ってしまい、コンプレックスになってしまうこともあります。

 

皮膚の炎症性疾患であるため、ニキビは皮膚科での治療が可能です。

皮膚科での治療もさまざまなものがあり、自分に合った治療方法で治すことができるようになっています。

ニキビの治療で主となるのが外用薬によるものです。原因菌であるアクネ菌などを殺菌する抗生物質が含まれた外用薬の処方や根本的な原因である毛穴のつまりを取り除いたり、詰まりにくくする治療薬などが処方されることもあります。

 

炎症が重度の場合には内服薬による治療も行なわれます。経口摂取での抗生物質やストレスなどの影響でホルモンバランスが崩れている場合には、低用量ピルや抗男性ホルモン薬が行なわれるほか、ビタミン不足の場合には皮脂を調整したり皮膚の粘膜を健全に保つ働きのあるビタミン剤が利用されます。

まあ逆に、皮膚科に行くほどでもないという場合は、市販薬で高い効果が望めるテラコートリル軟膏が有名ですね。

 

ほかにも、ニキビの中に詰まっている膿や皮脂、古い角質などを出す面皰圧出をすることでニキビの治りを早くする治療などが行なわれます。

保険適用外の治療としては、皮膚の表面に酸性の薬剤を塗布して古くなった角質や毛穴に詰まっている角栓などを溶かして除去するピーリングも有効です。

 

 

コメントを残す