正しい洗顔でニキビを撃退?

美容 イメージ

ニキビが気になる方は、年代や性別を問わず多いでしょう。ニキビができるとどうしても気になって、気分も沈みがちですよね。何とかして早く治したいものです。

ですが皮膚科に行ったり、薬を買ってくる前に、毎日の洗顔方法を改善するだけで解決できてしまうのです。まずいつもの洗顔フォームと、泡立て用のネットを用意します。洗顔ネットは百均などで手に入れられます。

顔を洗う時に肌をこすってしまうと、肌への刺激となり、ニキビを悪化させる原因になってしまいます。なので、ネットでよく泡立てた泡を肌の上で転がすようにして洗顔をしましょう。

 

次に、洗顔後のケアについてです。洗顔後はすぐに化粧水で保湿をしましょう。せっかくキレイに顔を洗っても、時間をおいてしまうと肌の水分が蒸発してしまい、肌の乾燥やニキビの悪化を招いてしまうので気をつける必要があります。

化粧水でしっかり保湿をしたら、次はクリームや乳液で蓋をします。ベタベタするクリームや乳液は、ニキビに良くなさそうだから使わない、という方がいますがそれは間違っています。

なぜなら、乾燥こそが思春期ニキビを悪化させる原因だからです。乾燥した肌は、それを改善しようと油分を作り出します。そこで余分に油分を作ってしまった結果が、いわゆるオイリー肌、ニキビ肌です。

 

つまり、肌を乾燥させないことがまず第一条件として上がってくるのです。

顔を洗う時には絶対にこすらない、洗顔後の保湿はすぐに行い、良質な油分を肌に与える、これを守れば大丈夫です。

コメントを残す