乾燥肌による湿疹には保湿が大切?

0e4d9f86962bf7b8b57a66f06fd1730c_s

お肌が乾燥していると、刺激から皮膚を守るバリア機能が失われてしまいますので、些細なことでもダメージを受けがちです。乾燥肌からくる湿疹を予防するためには、しっかりと水分を補い、保湿性を高める必要があります。

お肌の水分を補う方法として、洗顔後などの化粧水ケアがありますが、それだけだとせっかく補った水分が蒸発してしまいます。保湿性に優れた美容液や、オイルなどでお肌を保護し、乾燥から守ってあげましょう。

お肌の保水性を高めてくれる美容成分として、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどがあります。どの成分も、もともと肌に存在しているものであり、年齢とともに、減少してしまうため、美容液などで補ってあげることが、アンチエイジングケアにもつながります。この中で、とくにセラミドは、肌表皮のバリア機能を高めるのに、効果的だといわれています。乾燥肌は表皮がめくれたり、粉を吹いたようになることがありますが、これを防ぐためにも、保湿が重要だといえます。

参照:【ドン引き!?】ジッテプラスのリアルな口コミ~34歳子育て主婦が告白!

しっかりと保湿をすることで、お肌のバリア機能が高まり、刺激からくる炎症や、湿疹を予防することにつながります。また、くすみや小じわなど、乾燥からくるお肌トラブルの、予防にもなります。

また、乾燥肌対策では、外側からだけでなく、栄養摂取など内側からのケアも大切だといわれています。お肌の再生を助け、うるおいのある状態を保つために、ビタミンやミネラルなどが豊富な食品を、積極的に食べましょう。

コメントを残す